身近な知恵袋

ちょっと知りたい事をあなたにお届けします。

レジャー 生活

夏のキャンプを涼しくするには?テントを張る場所や涼しく寝る為の提案

投稿日:2018年5月6日 更新日:

夏のキャンプは暑さとの戦い

でもあります。

 

せっかくのキャンプも暑さ対策を

しないと、楽しさも半減して

しまいますよ。

 

今回は、キャンプ初心者の

あなたが、夏キャンプの暑さに

困らないように、涼しく過ごす

方法やテントを張る場所の

注意点やテントの中で少しでも

涼しく寝る方法などをお伝え

しますね。

 

スポンサーリンク

夏のキャンプを涼しくするには?

 

夏のキャンプは、まずどこで

するかが重要です。

 

◆ 高原のキャンプ場を選ぶ

キャンプに慣れていないあなたの

場合、平地での夏のキャンプは

あまり、おすすめできません。

 

昼間は暑いのは当たり前ですが

平地は夜も気温が、あまり下がら

ないので、とても寝られたもの

ではありませんよ。

 

その点、標高1,000mを超える

高原のキャンプ場であれば、

日中は大体25℃前後で、夜間は

ちょっと防寒が必要なほどです。

 

寒いのは、服を着るとか、たき火

などで、しのげますが

 

暑いのはキャンプではどうしよう

もありませんよ。

 

◆ 林間のキャンプ場を選ぶ

高原のキャンプ場で予約が

取れなかったら、

 

やはり、凉がとれる水場がある

ところが良いのですが

 

水場が海だと、凉を取るために

海に入った後、体がべとついて

しまいます。

 

シャワーをその都度、浴びな

ければいけないので面倒です。

 

林間の川がそばにあるキャンプ場

であれば、水浴び後もそのまま

放置で、問題ないので楽です。

 

さらに林間のキャンプ場のそばの

川なら水温も低いので、涼感が

増しますよ。

 

◆ 木が生えているキャンプ場を選ぶ

木が多く生えているキャンプ場を

選ぶ理由は、日よけに出来る

いう事です。

 

日よけにタープを設営したと

しても、木陰の涼しさには勝て

ません。

 

直射日光は体力の消耗が早いので

熱中症の危険も増してしまいます。

 

テントを張る場所って?

 

キャンプでテントを張る場所に

よって、涼しさが変わって

きます。

 

◆ 木の下にテントを張る

テントを設営した後に、直射日光

が当たる場所は、テント内に熱が

こもってしまいます。

 

できるだけ、日陰になる木の下に

テントを張ってください。

 

キャンプ場によっては、木の下の

場所は、早い者勝ちなので

 

事前の調査はしっかりと、

行ない、キャンプ場には早めに

到着するようにしてください。

 

◆ 日光をさえぎるものがない場合は

予約が取れたキャンプ場に日光を

さえぎるものが無い場合は

 

タープを設営して、その影に

テントを張ってください。

 

さらに、テント周りやテント

自体に、打ち水をしっかりすれば

 

全く何もしないより、体感的に

3℃は変わってきますよ。


スポンサーリンク

テントで涼しく寝るには?

 

高原や林間であれば、夜間は

気温が下がる為、暑さで寝苦しい

という事はあまりありませんが

 

平地のキャンプ場の場合、暑さ

対策をしないと睡眠不足に

なってしまいます。

 

◆ 電源サイトで扇風機

平地のキャンプでも電源サイト

なら、家の扇風機を持ち込めば

風の流れが作れます。

 

電源サイトでない場合は

バッテリー式の扇風機を1台

奮発して用意する方法もアリ

ですが、

 

出来るだけ電源サイトを選ぶ

ようにしてください。

 

風のない夜のテントの中は

灼熱地獄ですよ。

 

◆ コットを人数分用意

キャンプと言えば、テントに

マットを敷いてその上で寝ると

いうイメージですが

 

この場合だと、地面の熱や

自分のかいた汗で、背中が蒸れて

寝苦しいです。

 

簡易ベッドのようなコットで

寝れば、蒸れる事が無いので

寝苦しさが和らぎます。

 

コットを人数分用意するのは

ちょっと・・・という場合は

 

畳表のイグサのゴザが、ホーム

センター等にあるので

 

それをマットの上に敷くと

背中が蒸れなくて、いいですよ。

 

◆ 最後の手段は水浴び

どうしてもまだ暑い場合は

水をバケツに汲んで

 

頭からかぶって、水浴びして

ください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

キャンプ初心者のあなたは

 

・高原か林間のキャンプ場。

・木陰にテントを張る。

・電源サイトを選ぶ。

・寝る時の通気性を確保。

 

これだけ押さえれば、きっと

楽しいキャンプになるはずです。

 

キャンプで暑くて寝られないと

いうのも、思い出作りには

なりますが

 

出来るだけ快適な空間を作る

ように、努力してください。

 

キャンプで、いい思い出が

出来ますよう、

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


-レジャー, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

入園準備でミシンは必要?ミシンを使わない方法や実家で借りるについて

入園準備は大変ですよね。 手提げ袋や座布団カバー、上履き 入れなどを用意しなければ なりません。   「既製品を買おうと思ったけど 夫がいい顔しないの」   きっとご主人のお母さん …

セスキ炭酸ソーダの掃除の注意点 使用不可な場所と洗濯での活用法

  セスキ炭酸ソーダって今話題 ですよね。 テレビとかで紹介されて、100均 で手軽に買えるし、良い所が いっぱいあります。   でも、そのセスキ炭酸ソーダを 使ってはダメな場所を …

アルミサッシの結露がひどい!解決法や裏ワザについての提案

スポンサーリンク いつまでも寒いと暖房は欠かせま せん。   「最近うちの家の窓の結露が、 ひどいんだけど、どうすればいい の?」   築年数は10年ぐらいでしたよね。 &nbsp …

会社の飲み会で失敗しない方法は?無礼講はどうする?二次会の回避の仕方は?

スポンサーリンク 年末から年明けや、年語末の移動 のシーズンには会社の飲み会が 頻繁に開催されます。   「飲み会で失敗しない方法は ないのかな?」   会社の飲み会に常に不参加と …

赤ちゃんと初詣に行く服装は?注意点とおすすめの提案

今まで旦那さんと二人で 行ってた初詣。   新しい家族が増えて、今年は親子 で、行きたくなりますよね。   でもちょっと待ってください。   何も知識なしに赤ちゃんと初詣 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。