身近な知恵袋

ちょっと知りたい事をあなたにお届けします。

生活

車の自動ブレーキは必要か?仕組みや注意点についての提案

投稿日:2018年3月23日 更新日:

最近は、軽自動車にも標準で

自動ブレーキが装備される

ようになりましたね。

 

あなたも、車を購入するに

あたって、自動ブレーキ付きか

どうかの選択に困っているの

ですね。

 

今回は、車の自動ブレーキは必要

かや、仕組みや注意点について

お伝えします。

 

スポンサーリンク

車に自動ブレーキは必要?

 

車が危険を察知して、自動で

ブレーキをしてくれるなんて

すごいですよね。

 

自動ブレーキがあったほうがいい

人としては・・・

 

■ 運転になれていない初心者

車自体の操作に不慣れな初心者

には、自動ブレーキは、あった

ほうがいいですね。

 

何かあった場合に、車が教習所の

教官のようにブレーキをかけて

くれるのは、心強いです。

 

■ 高齢者

人は誰でも衰えてきます。

自分はまだまだ大丈夫と思って

いても、反射神経や視力が

衰えてきて

視野もせまくなってきます。

 

そんなお年寄りのサポートを

してくれるのが、自動ブレーキ

ですね。

 

アクセルとブレーキの踏み間違い

は、時々ニュースでも取り上げ

られており、衝突軽減してくれる

自動ブレーキは、必須のアイテム

になります。

 

もちろん初心者でも、高齢者でも

ない、あなたが自動ブレーキ

付きの車を買っても、きっと

「助かった」という場面が

きっと出てきますよ。

 

車の自動ブレーキの仕組みは?

 

ひと口に自動ブレーキと言っても

検知するセンサーは

大きく分けて3つの種類があり

それぞれに長所や短所があります。

 

■ ステレオカメラ式

フロントガラスの上部に2個の

カメラを付けている車を、見た

事が、ありませんか?

 

このステレオカメラは、物の

形を認識する能力が高いので、

歩行者や障害物を検知するのが

得意です。

 

でも、悪天候時や遠方の物を

検知する能力が弱いのが

弱点です。

 

■ ミリ波レーダー式

レーダーセンサーで障害物を

検知する方式で、車の外観からは

装着車かどうかの判断はしにくい

です。

 

カメラ式とは逆で、遠方や

悪天候時でも障害物を検知

します。

 

人間の検知が、苦手でコスト的

にも、高いですね。

 

■ 赤外線レーザー式

これもミリ波レーダーと同様に

車の外観からは、装着しているか

どうかの見分けは、判断しづらい

ですね。

 

コスト的に安く装着できるという

点があり

 

アクセルの踏み間違えの誤発進

が得意です。

 

走行中の障害物の検出範囲は

約30mで、時速が30km以上

出ていると、衝突回避が難しい

システムです。

 

あなたの欲しい車は、どの

システムですか?

 

強み弱みをしっかり把握して

検討してください。

 

スポンサーリンク

車の自動ブレーキの注意点は?

 

自動で危険を回避してくれる

自動ブレーキシステムですが

 

やはり、人間が作ったものなので

注意点があります。

 

自動ブレーキを過信しない

自動ブレーキシステムが付いて

いれば、事故は絶対防げるかと

いえば、答えはノーです。

 

あくまでもあなたの運転の

ブレーキの部分のサポート的

システムなので、

 

自動ブレーキを過信せずに

今まで同様に、車の周りの状況を

あなたが確かめて、安全運転

してください。

 

■ 誤作動

機械には誤作動が付きものです。

自動ブレーキも同じですよ。

 

思いもよらない場所で、

急ブレーキがかかるという

前例もあります。

 

自動ブレーキシステムを切る

スイッチもあるので、

 

広い見晴らしのいい場所では

自動ブレーキを切るなど

走行する場所に応じて、使い分け

をするといいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回お伝えした事は

 

・自動ブレーキシステムには

  ステレオカメラ式

  ミリ波レーダー式

  赤外線レーザー式

 3つの方式があり、それぞれ

 強み弱みがある。

 

・自動ブレーキシステムも機械

 なので、誤作動には注意。

 

・自動ブレーキを過信しない。

 

繰り返しますが、自動ブレーキを

過信せず、安全運転で家族での

ドライブを楽しんでくださいね。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


-生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

喪中のおせちはどうする?初詣は行っていい?お年玉は渡す?

スポンサーリンク 大切なお父さんが亡くなって お正月はまだ喪中なんですね。   「喪中だからおせちは準備 しなくてもいいのかな?」   確かに迷いますよね。   それでは …

七五三の服装で母は何を着ればいい?父親や兄弟はどうすれば?

  お子様の七五三参り おめでとうございます。   でも、いざ参拝となると 親は何を着ていけばという 疑問が出てきますよね。   親として後で子供に恥ずかしい 思いをさせ …

ホワイトデーのお返しで脈アリなものとは?脈ナシや判断が難しいものについて

片思いの彼氏にバレンタイン チョコのお返しをホワイトデーに もらったんですか。 うらやましいですね。   「でも、義理で返して くれたのかも」   まあ、そういう場合はあります か …

初心者のキャンプでありがちな失敗とは 失敗しないカセットコンロやランタンについて

スポンサーリンク 今度家族で、キャンプを計画して いるんですね?   ところでキャンプの経験はどれ くらいあるんですか?   「昔、キャンプ好きの友達と 2~3回行った事があるよ」 …

土鍋の焦げを取る方法は?内側の場合や外側の場合について

スポンサーリンク 寒い時期はお鍋がおいしい季節 です。   つい張り切って、コンロの火加減 を強くし過ぎて、土鍋を焦がして しまったんですね。   「土鍋の焦げは金属たわしで こす …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。